脱毛で肌を傷めないようにするために

TOP > 脱毛で肌を傷めないようにするために

脱毛で肌を傷めてしまうのは、よくあることです。


どんなに気をつけていても肌コンディションによっては負荷が大きくなってしまいますし、誤った処理方法で行うことでもリスクは高くなります。

万が一肌トラブルが起こってしまうと、その後の脱毛がしばらく行えなくなります。重ねてダメージを与えることでより大きなトラブルにつながる恐れがありますし、メラニンが増えて色素沈着にもつながります。

梅田の医療脱毛情報をお教えします。

コンスタントに脱毛を行うには日頃の肌管理が重要であり、現在の状態を的確に判断しなければなりません。

安全に脱毛をするには、潤いがあってバリア機能の正常な肌でなければなりません。そのためには日々のお手入れで潤い成分を補給し、できるだけコンディションを上げておきます。

健やかな状態であれば受ける刺激も小さくなりますし、回復も早まります。



処理後は毛穴の開きを改善するための収れんケアが必須です。毛穴が開いていると水分が蒸発してしまい、バリア機能の低下を招きます。



毛穴ケアと同時に保湿も行い、失われた分の水分の補給しなければなりません。


肌が落ち着くまでこのケアを続け、元の状態に戻ったら通常のケアに移行します。
肌のケアを怠らずに行っていると、多少の刺激には負けないようになります。

肌が本来持つ力が失われるためにトラブルが起こるのですから、まずは肌体力を高めることを考えます。

肌体力がついてくると、脱毛を行っても処理前と同じ状態をキープできます。