• 底値というFXの恐ろしい落とし穴

    FXには、底値という名の恐ろしい落とし穴があります。
    たとえばトルコリラと日本円の通貨ペアで利益を狙う際、「トルコリラもそろそろ底値が来たに違いない。
    今が底値なのだから大きな買いポジションを確保しておくべきだ」と感じることがあります。

    そうした時の底値こそが、実は大きくて恐ろしい落とし穴だということです。



    そもそも或る通貨の底値など、誰にも分るものではありません。

    ですから下落が続いているトルコリラでも、今が底値であるかどうかは予想しかできないのです。

    そしてその予想とは、当たることもあれば外れることもあるのです。

    goo ニュースの最新情報を公開しています。

    ですから予想するのは自由なのですが、「その予想が当たるに違いない」などとは絶対に考えてはいけないのです。

    もしもそんな考えで取り引きを行えば、予想が外れて致命的な大損をしてしまう危険があるのです。

    とにかくFX投資を行う時には、今が底値だとの思い込みは厳禁です。

    トルコリラ情報を探しましょう。

    本当に今が底値であるのかどうかは、しばらく後になってからでないと分からないことなのです。
    ゆえに予想は外れることもあるのだということを前提にして、リスク軽減のための準備を怠ってはいけません。こうしたリスク管理が疎かになってしまうからこそ、「今が底値であるに違いない」というFXの落とし穴に落ちてしまうことになるのです。


    そして一度落とし穴に落ちてしまうと、致命的なダメージを被ってしまうことも多いのです。とにかく落とし穴だけには、くれぐれも気を付けましょう。